Menu

湯泉神社 神葬祭

Home

神葬祭

湯泉神社 兵庫県神戸市北区有馬町1908 TEL 078-904-0418
湯泉神社は、有馬温泉の守護神として、また子宝神社として親しまれております。

永代供養墓 湯泉神社 みおやの郷

みおやの郷 みおやの郷 みおやの郷

資料のご案内

資料のリンク先はPDFファイルとなっております。
PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は下記バナー(Adobe社サイト)から最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、 インストールをお願い致します。



利用規定について
ご利用の流れについて
宗教
神道
管理者 湯泉神社 神道祭祀みやおの郷管理委員会
神戸市北区有馬町1908番地 湯泉神社内
設備 駐車場有(銀の湯の横からお入りください)
永代使用料 40万8千円
<内訳>
●使用料30万円(一御霊、神霊祀管理料)
※霊璽は各自でご供養いただきます。
●墓碑:10万8千円(追加文字彫りは別途)
※二霊目以降、墓碑が不要の場合は使用料のみとなります。
神葬祭・永代供養墓についてのお問い合わせはこちら

神葬祭について

「冠婚葬祭」の「葬」にあたります。神道のご葬儀です。
葬儀というと一般的には仏教の専門と思われがちですが、神葬祭は「古事記」「日本書紀」といった古典にも記されているように、仏教が日本に入ってくるより以前からのこの国本来の葬儀のカタチと言うことができます。

古来より日本人は神の世界から生まれ、やがて一生を終えると神々の世界へ帰っていくと考えられてきました。
仏教伝来以降は急速に仏教の形式による葬儀が普及していき、さらに江戸時代に寺請制度(キリスト教の信仰を防ぐために、誰でも寺に所属しなければならないという制度)が実施されたことから、その傾向はますます強くなりました。
しかし明治以降に神葬祭は復活し、全国へと広がっております。

元来、神道のお宅は家系を辿りますと、公家の血を引かれる方や明治時代に政府の要職を務められていた方のご子孫、あるいはご先祖が伊勢神宮や出雲大社等の大きな神社に勤められていた方など、由緒正しい家柄の方が多いようです。
現在では、依然として仏教の葬儀が一般的ではありますが、仏式のお経と異なり、神式の祝詞は故人の生前の履歴を織り交ぜながら祭詞読み進めていきますので儀式の持つ意味が分かりやすく、故人の御遺徳も偲び易く経済的負担が他の宗教と比べて少ないといった理由から、神道に改宗される方も多いようです。

みたましろ

仏教の位牌にあたるものです。みたましろは霊代と書きます。
これは亡くなられた方の霊(たましい)の依り代という意味です。
通夜の際、全ての明かりを消して暗闇の中、ご遺体から御霊を霊代にお移しする儀式であり、「遷霊の儀」と呼ばれています。

年祭

仏教の法事にあたるもので、「みたままつり」とも言われております。
古来より日本人は神の世界から生まれ、やがて一生を終えると神々の世界へ帰っていくと考えられてきました。

この祭事を残された子孫が繰り返すことにより霊(みたま)が浄化され、より高い神々の列に加わっていくと考えられています。
年祭は、命日等に神職が祝詞を奏上し御霊を慰め、そのご遺徳を永くお称えすると共に「子孫が栄えてほしい」という祖先の願いに対し親族等を招き子孫の姿を報告するものです。

年祭

一年祭
三年祭
五年祭
十年祭
仏教でいう回忌に当たりますが、神道では満で数えます。
自宅や宴会場、また当神社で行うことも出来ますし、お墓参りも兼ねて墓前で行う事もできます。
以降は五年ごとに行います。

納骨・墓前祭

納骨は一般的には忌み明けの霊祭(五十日祭前後)に行われる家庭が多いようです。
墓所のお決まりでないご家庭は先に五十日祭を行い、墓所が決まり次第、納骨祭を行います。
神道ではお墓の事を奥津城(おくつき)と呼び、祖先と共に埋葬され土に返し祀ることが本来の姿であると言われております。

当宮では遠方でも墓所に伺いご奉仕させていただいております。
祭壇やお供物やお榊の準備も致しますのでお気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。
湯泉神社では、年祭・御霊祭・お葬式のご奉仕、ご相談を承っております。
ご遠慮なくお問い合わせください。

>>メールでのお問い合わせはこちらから

霊祭

十日祭
葬儀当日に繰り上げて行うのが現在では一般的です。
五十日祭 忌み明けの大変重要な意味を持つお祭りです。
五十日祭が過ぎるまでは神様にお参りをしたり神棚を触っては行けないと言われております。
お清めの席を設けるなど他の霊祭より盛大に行われます。
墓所のある方は納骨と併せて墓前でされる方が多いようです。
百日祭 葬儀後の慌ただしさも消え、身内で故人を偲ぶお祭りです。